So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

映画「ダンケルク」 クリストファー・ノーラン監督 [日記・思い付き]

公式サイト:
http://wwws.warnerbros.co.jp/dunkirk/

平日の休みを利用して一人で見てきました。
史実のダンケルクについての予備知識は、wikipedia と幼女戦記3巻のみです(^^;)

監督は有名な人らしいです。私は未見ですが、他に「メメント」(夫が昔見て私に勧めてきました)とか監督してる人だそうです。

2Dで普通サイズの字幕版でしたが、面白かったです。見終わってから、パンフレットで復習すると、人物の誤認をちらほらしてしまってましたが、それを割り引いても面白く見られました。

Webで感想を見ると、何を期待してこの映画を見るかで評価が分かれているようです。バリバリの戦争映画だと思うと肩透かしを食わされると思います。

私は戦闘機の音とか期待して見ました。マニアじゃないので満足しました。出てくるおじいちゃん達がやたらと格好良すぎでした。他、面白いと思ったところをネタバレぜずに言語化するのが難しいです。

陸、海、空と3本のお話が並行して進みます。時間の進み方もそれぞれ変わるのでちょっと混乱します。爆撃音や射撃、エンジン音以外はとても静かな印象を受けました。セリフが少ないです。敵(ドイツ軍)はほとんど見えません。血もほとんど流れません。荒れる灰色の海、曇天の空も印象的でした。最後に帰還した若い兵士の表情がなんとも言えなくて、それにかぶる台詞もまたその表情と相まって、静かに心を揺さぶってきます。

実写で子供向けじゃない映画を見るのは、10年以上ぶりだと思うので、どう感想を書いていいかわからないのですが、あと2、3回はみたいと思いました。できればIMAXとかで。
nice!(0)  コメント(0) 

「幼女戦記」 8巻 カルロ・ゼン [本・マンガ・アニメ]





「まさに泥沼 嵌っている............. すでに 泥中 首まで............」(作中人物のお言葉を意訳)

8巻、やっと読了しました! ヤバイ、東部戦線も後方ももうヤバすぎイィィ。しかも、最後にまたヤバイ話が、遵法精神に溢れ保身第一の主人公に降りかかってきます。ああ、9巻が待ち遠しい。
nice!(1)  コメント(0) 

MATH POWER 2017 [数学っぽい?]

こんなイベントがあったなんて、ついさっきまで知らなかった。

MATH POWER 2017
http://mathpower.sugakubunka.com

耐久企画:正65537角形の作図
巨大合体ナンプレに挑戦
講演:「素数の織り成す構造〜ガウスからグリーン・タオへ〜」関真一朗(素数大富豪の考案者さん!)
講演:「ABC予想と新しい数学」加藤文元
数学の決闘, ......

などなど面白そうなイベント目白押しです。

六本木とか遠すぎて、私はいけませんが、お近くの方はどうぞ。
ニコニコ動画で生放送もあるらしいですが、きっと見られないなあ。
どうでも良いですが、加藤文元先生の所属が東工大になってたのも、このイベントページ見るまで知らなかった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

一勝一敗 [日記・思い付き]

ちょっと前の話ですが、小4の長女とまた将棋をやってしまいました。1時間ほどで終わるかなと思ったら、気がつけば休憩挟んで2時間以上経過。私が劣勢で、考えがまとまらなくなってきて、投了しました。

その後、私の盤面を引き受けて夫が指して、夫の勝ち。夫にはちょうど良いハンデだったようで。

やっぱり私はもう長女には勝てないなと思いました。向こうもまだ駒の動き覚えきれてなくて、本(*)を見ながら指してたんですが。長女は幼稚園くらいから「どうぶつしょうぎ」をやってたせいか、普通の将棋でも、ある程度手が読めるようです。

自分は情けないことに年取るにつれ、覚えも悪くなるし気力が続かなくなってきたなと思います。なので、昨日の竜王戦で、47歳で羽生二冠が竜王挑戦者決定とか見て、これはもうやっぱり神の領域かと思いました。ここまできたら、永世竜王とって、永世7冠達成してほしいですね。

(*)本は前に紹介したコレです。

おもしろいほどよくわかる羽生善治の将棋入門

おもしろいほどよくわかる羽生善治の将棋入門

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2017/05/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



どうぶつしょうぎ


どうぶつしょうぎ

どうぶつしょうぎ

  • 出版社/メーカー: 幻冬舎エデュケーション
  • メディア: おもちゃ&ホビー



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「幼女戦記」 カルロ・ゼン [本・マンガ・アニメ]


幼女戦記 (1) Deus lo vult

幼女戦記 (1) Deus lo vult

  • 作者: カルロ・ゼン
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン
  • 発売日: 2013/10/31
  • メディア: 単行本



幼女戦記 (1) (角川コミックス・エース)

幼女戦記 (1) (角川コミックス・エース)

  • 作者: 東條 チカ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/12/10
  • メディア: コミック



幼女戦記 1 [Blu-ray]

幼女戦記 1 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA メディアファクトリー
  • メディア: Blu-ray



久々にハマってしまい、小説は既刊の1〜7巻(最新の8巻は未読)、コミックは1〜6巻、アニメ12話を一通り読んだり見たりしてしまいました。いや、面白い。戦記ものをちゃんと読むのは初めてなのですが、もともと世界大戦については I も II も興味はあったので、それもあってガンガン読み進んでしまいました。

ざっくり言うと、中身がおっさんの少女が魔法で大活躍するお話(どこかで聞いたような)なんですが、活躍の舞台は架空の(何故かヨーロッパによく似ている)世界のこちらの世界で言うところの世界大戦が起きる手前あたりから、大戦に突入し、そして敗戦国となる帝国のあちこちの戦場です。主人公は戦術的に勝ちまくりながら、国は戦略的に誤り続け負け戦まっしぐら状態です。末期戦ものと言うらしいです。

主人公の少女には前世があり、現代の日本人で利己主義で合理主義で遵法精神に溢れる有能な人事部のサラリーマンでした。真面目に仕事をしていたら、理不尽な事故で亡くなってしまい、超常的な存在X(創造主とか神様)に何故信仰を持たないのかと問い詰められて、今の自分の境遇や世界には神が入る余地はない的なことを口走ったばっかりに、平和な日本から戦争状態の帝国へ、中年の男性から孤児の幼女へ、科学の世界から魔法が存在する世界へと転生させられてしまいました。存在X的にはこれで自分という存在へ頼らざるを得なくなり、主人公が信仰を取り戻すと考えたようです。しかし、主人公は逆に自分を理不尽な状況に放り込んだ存在Xを憎悪し、この戦争の世界で軍人として可能な限り生き延びて、存在Xに復讐しようと考えます。

長いのですが、ここまでが前置き。主人公は、生まれ変わった世界でも有能でした。なにせ、前世の記憶丸ごと全部と生まれ変わった世界での魔法の才能に恵まれていたからです。なので、9歳で軍功をあげて、勲章なんかもらっちゃいます。利己主義な性格は変わらないので、出世して部下を持つ身になっても自己保身を第一に考え行動するのですが、徹底して自己保身を考えるあまりに部下を結果的に大事にしてしまって、良い上官になっちゃいます。

そういう主人公の内面と周りの人とのズレも面白いのですが、この小説の肝は、やっぱり泥沼の戦争の末期状態の描写にあると思います。筆者もそれを書きたいとWebで言ってましたし。歴史や政治経済の知識、特に第一次大戦や第二次大戦の知識がないとなかなか読み進むのに時間がかかると思いますが(私は最初の巻読むのに延べ14時間ほどかかりました)、お好きな方には超オススメです。(だんだん読みやすくなり7巻は3時間ほどで読めました)

小説は重たい(これでもライトノベルだと筆者は主張していますが)という方は、コミック版やアニメがオススメです。コミック版の方は、その時々の戦時情勢がよりわかりやすく戯画化してあります。(小説版にも情勢地図はありますが、巻末にまとまっているだけなので)また主人公と周りの人のすれ違い描写がテンポ良く、主人公のここぞという時の見開きの絵は圧巻の迫力です。

アニメは、背景美術や音がすごいです。戦闘機や戦車、爆発音や戦場の凄惨な現場(といってもグロテスクにはしていないので見やすい)など、すごくこだわって描かれているのがよくわかります。声優さんもすごいです。これは見ないとわからないと思うので、有名な配信サイト(http://youjo-senki.jp/onair/)で、見てみてください。できれば2話まで見てほしいです。

長くなりましたが、本当に久しぶりに没頭して読書できたので、楽しかったです。早く8巻も読みたい!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

中身がおっさんの少女が魔法で大活躍するお話です [本・マンガ・アニメ]

中身がおっさんの少女が魔法で大活躍するお話って言ったら、ほら、あれですよね。


「魔法少女さん」!

魔法少女さん (ジェッツコミックス)

魔法少女さん (ジェッツコミックス)

  • 作者: 縛
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2014/04/28
  • メディア: コミック



最近web上の試し読み
http://www.younganimal-densi.com/ttop?id=9
で知って、あっという間にはまってしまいました。この他に、

魔法少女さん ふぉ~えば~ (ジェッツコミックス)

魔法少女さん ふぉ~えば~ (ジェッツコミックス)

  • 作者: 縛
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2014/12/26
  • メディア: コミック


やkindle版しかないみたいですが、

帰ってきた魔法少女さん

帰ってきた魔法少女さん

  • 出版社/メーカー: 縛
  • 発売日: 2016/12/31
  • メディア: Kindle版


などもあって、全部揃えてしまいました。大人って素敵。

内容は、魔法少女が人助けをするのが当たり前の世の中で、中身が昭和のおっさんの魔法少女さんとその居候先の大学生イトウくんとのほのぼのハートフル(?)な4コマ漫画です。魔法少女さん、実に素晴らしく仕事ができる有能な人なんで、尊敬してしまいます。ただし、下ネタがんがん出てくるので注意。イトウくんもツッコミの腕もさることながら、色々魔法少女さんに面倒ごとに巻き込まれてながらも、そつなくこなしてしまえる有能な人で、読んでて気持ちがいいですね。魔法少女さんは大阪弁なのですが、これも私には近所のおっちゃんのようで親近感が湧きました。コミックは上の3冊でおしまいのようですが、もっと読みたかったですね。続編、また出ないかなあ。

勝率10割! [日記・思い付き]

昨今の藤井聡太四段ブームに乗っかりで、将棋を勉強することにしました。
とりあえず揃えたのが下の写真です。
将棋セット.jpg
まず私は駒の動かし方が怪しいので、

おもしろいほどよくわかる羽生善治の将棋入門

おもしろいほどよくわかる羽生善治の将棋入門

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2017/05/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


こちらを購入(おそらく小学生用で、総ルビです)。将棋盤はダイソー(108円)、駒はダイソーになかったので、おもちゃ屋さんで買いました(972円)。本を一通り読み、駒の動きを確認して、web上の1手詰めの将棋など5問ほど考えて、同じく駒の動きからよくわかっていない長女(小4)と今日初対局しました。もう、どうぶつしょうぎ(*)では、長女に勝てない私でしたが、無事に初対局で初勝利を収めることができました。これで、勝率10割です。この勝率を守るべく、もう対局はしないでおこうかと思っております(割と本気)。

そもそもの将棋を勉強しようと思った動機は、プロの対局の棋譜を読んで楽しみたいと思ったことなので、自分が対局したいというのはそんなにないんですよね。長女は割と将棋を好きになりそうなので、夫と対局してそこそこ楽しめる程度になると良いなと思っています。次女(小1)は将棋倒しに夢中です。
割とお金のかからない娯楽なので、皆さんもブームに乗っかってみてはいかがでしょうか?

(*)どうぶつしょうぎはこれです。盤は3×4マスで、駒に動きが書いてあるので、すぐに始めることができます。

どうぶつしょうぎ

どうぶつしょうぎ

  • 出版社/メーカー: 幻冬舎エデュケーション
  • メディア: おもちゃ&ホビー



BSプレミアム シャーロックナイト! [テレビ]

謎解きLIVE
『CATSと蘇ったモリアーティ』
事件編 7月8日(土)よる7時00分~8時05分ごろ
解決編 7月8日(土)よる9時35分ごろ~10時00分

「ホームズとワトソンの
ただならぬ夜」
7月8日(土)よる8時05分ごろ~9時35分ごろ

海外ドラマ
SHERLOCK 4
7月8日(土)よる10時00分~11時30分

*********************************
録画予約忘れないようにしなくちゃ!

「天竺熱風録」田中芳樹 [本・マンガ・アニメ]


天竺熱風録 (祥伝社文庫)

天竺熱風録 (祥伝社文庫)

  • 作者: 田中 芳樹
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2011/06/09
  • メディア: 文庫



人生初、田中芳樹です(日本語が不自由な人)。元は下の漫画の広告を見て興味を持ちました。



天竺熱風録 1 (ヤングアニマルコミックス)

天竺熱風録 1 (ヤングアニマルコミックス)

  • 作者: 伊藤勢
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2017/05/19
  • メディア: コミック



銀河英雄伝説もアルスラーン戦記も長すぎて、読む気が起こらないヘタレな人間には、とても良かったです。何せ、1巻で完結!!(コミックは違いますが)。

三蔵法師と時を同じくして唐の時代の王玄策という人が、3回天竺に行って帰って来てるのですが、その人の2回目の天竺行の冒険譚です。ものすごく淡々と書かれていますが、かなり凄い事してます。淡々と描かれすぎて物足りない人もいると思いますが、サクッと娯楽小説を楽しみたいという人にはオススメです。もっと外連味が欲しいという人は、コミックスの方が良いかもしれません(コミックスは試し読みした印象のみで書いてます)

きちんと完結するお話っていいものだと、年をとってよく思います。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

GWも終わりですね [本・マンガ・アニメ]

とりあえず、近くの店で、レンタルコミック30冊1300円とかやってたので、借りて読みました。

僕だけがいない街 1~9巻(完結)

僕だけがいない街 9 (角川コミックス・エース)

僕だけがいない街 9 (角川コミックス・エース)

  • 作者: 三部 けい
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/02/04
  • メディア: コミック


こちらは、以前電子書籍の試し読みで、1巻まで読んだことがあって、もう完結したら一気読みしなくちゃと思っていたのです。面白かった! サスペンス好きならオススメ。SFやミステリとしては少し弱いですが、そんなの気にならないくらい勢いがあります。主人公の母の主人公への想いに泣かされます。

逃げるは恥だが役に立つ 6~9巻(完結)

逃げるは恥だが役に立つ(9) (Kissコミックス)

逃げるは恥だが役に立つ(9) (Kissコミックス)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/03/13
  • メディア: Kindle版



1〜5巻は以前借りて読んでたので、今回はその続き。ゆりちゃん良かったね!という感じでした。

信長のシェフ 1~16巻(以下続巻)信長が家督を譲るとこまで。安土城も作りかけ。

信長のシェフ 16 (芳文社コミックス)

信長のシェフ 16 (芳文社コミックス)

  • 作者: 梶川卓郎
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2016/08/16
  • メディア: コミック


昔、ドラマでやってたのを流し見してたのですが、なんか全然イメージ違いました。原作の方が好きかも。主人公は料理の知識と歴史と技術について超絶的に優れていて、全然現実味がありませんが、いいじゃないか漫画だもの。この作品でも信長はやっぱり甘いもの食べてるし、足利義昭はウザいし、森可成は超いい人だし、誰が書いてもこの辺の人は同じなのか。

さて、ここまで読んで、何か違和感を覚えた人は鋭い。9+4+16=29ですよね。残り1冊は、私にとって鬼門の人の作品で、やっぱりピンとこなかったので、オススメしません。

今年のGWは子供が2人で祖父、祖母の家に遊びに行ってたので、大人二人でのんびり過ごせて、良かったです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。