So-net無料ブログ作成

不意を突かれた [数学っぽい?]

この4月で小4になる長女が、静かに本を読んでたと思ってたら、いきなり質問して来た。

「向き付け可能な2次元多様体って、何?」

なんの前振りもなくそんなこと聞かれて、どう答えれば良いというのか。
そんな単語を子供の前で発したことはないはずだし、不意をつかれて焦りまくって、

「例えば、机の表面とか、地球の表面とか表と裏の区別がつく面だよ」

と答えた。答えながら、表裏の区別がつかない面をこの子は知らないと思い、紙テープを輪にして、円筒とメビウスの輪を作って、円筒は向き付け可能でメビウスの輪は向き付け不可能なことを、ペンで輪を描いて、見せてみた。それで勢いがついたのか、長女は自分で色々紙テープを輪にして何やら実験を繰り返し、時にはハサミで切ってみたりしていた。

その間に放り出されていた長女の読んでいた小説を見たら、『簡単に言えば、向き付け可能な2次元多様体のことだよ』とのキャラのセリフを発見。最近の子供向けの小説にはそんな文言が出てくるんですねえ。
とりあえず、自主学習のネタになったようなので、よかったけど、マジ、焦ったよ。
ちなみに長女の読んでた本はこちら(小学生に人気のシリーズらしい):


怪盗レッド(2)  中学生探偵、あらわる☆の巻 (角川つばさ文庫)

怪盗レッド(2) 中学生探偵、あらわる☆の巻 (角川つばさ文庫)

  • 作者: 秋木 真
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/05/15
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。