So-net無料ブログ作成

BSプレミアム シャーロックナイト! [テレビ]

謎解きLIVE
『CATSと蘇ったモリアーティ』
事件編 7月8日(土)よる7時00分~8時05分ごろ
解決編 7月8日(土)よる9時35分ごろ~10時00分

「ホームズとワトソンの
ただならぬ夜」
7月8日(土)よる8時05分ごろ~9時35分ごろ

海外ドラマ
SHERLOCK 4
7月8日(土)よる10時00分~11時30分

*********************************
録画予約忘れないようにしなくちゃ!

自分用覚え書き(テレビ) [テレビ]

ジョジョの奇妙な冒険 第3部 
http://jojo-animation.com

SHERLOCK 3
BSプレミアム
2014年5月24日(土)、31日(土)、6月7日(土)午後9時00分~
http://www9.nhk.or.jp/kaigai/sherlock3/index.html


祝!SHERLOCK(シャーロック)第1,第2シーズン放送決定! [テレビ]

NHKのBSプレミアムで、このドラマの第1シーズンを見て以来、この時を今か今かと待っていました!
イギリス人のシャーロキアンの本気度が半端ないドラマです。

このドラマは、舞台を現代のロンドンに移して、シャーロック・ホームズの物語を作ったらこうなる、というドラマです。グラナダTV版の正統派ホームズもいいのですが、こちらも(第1シーズンしかまだ見てませんが)ものすごく良い出来だとおもいます。

シャーロック・ホームズを一度でも好きになったことがある人には超オススメ。
そうでない人も純粋にエンターテイメントとして楽しめます。
できれば、第1シーズンの「ピンク色の研究」を見る前に、元ネタの「緋色の研究」の冒頭部分だけでも読み返しておくと更に楽しめます。

第1シーズンの最後の引きがもう、続きを見たくてたまらない仕掛けになってるので、この機会に始めて見る人は第1シーズンと第2シーズンを一気に見られていいな〜と思います。
既に第3シーズンも製作決定らしいので、きっと第2シーズン見終わったらまた第3シーズン見たくてたまらなくなるんだろうな……
個人的にバリツはどうするのか非常に興味あり。

放送の日程などは、公式サイトで;
http://www9.nhk.or.jp/kaigai/sherlock2/index.html

緋色の研究は、訳がいろいろ出てますが、私が読んでて馴染んでるのは延原謙氏の訳です。しかし、ちょっと今から読むには訳が古すぎるかもしれません。東風(こち)っていう言葉を始めて知ったのは延原ホームズでした。

緋色の研究 (新潮文庫)

緋色の研究 (新潮文庫)

  • 作者: コナン ドイル
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1953/05
  • メディア: 文庫



原著はとっくに著作権がきれてるので、英語ならタダでいくらでも読めますし、個人の方で訳を公開してる方もいます。
コンプリート・シャーロック・ホームズ
http://www.221b.jp/
まずは上のサイトで、ちらっと読むのもいいかと思います。原作は、物語の面白さ的には、長編よりは短編の方がお勧めですが、やはりホームズとワトソンの出会いは読んでおいて損はないかと思います。



忘れもの撲滅委員会(1番) [テレビ]

NHK教育の番組0655(http://www.nhk.or.jp/e0655/ )が最近お気に入りです。ピタゴラスイッチのノリで、目覚ましテレビを作るとこうなるのねという感じのまったり感がたまりません。オープニングが何気にボブ・マーリーだったりします。で、番組内で月代わりの曲が流れるのですが、4月は「忘れもの撲滅委員会(1番)」でした。私も夫も携帯電話(というかPHSですが)をよく忘れるのですが、私はこの曲で忘れなくなりました。夫にも覚えていただきたいので、YouTube からひっぱってきました。



しかし、この曲を聴いて、時報を見、まったりしてるところにいきなりハイテンションで「シャキーン!」が始まる編成に未だ慣れません。

ちなみに今流れてる5月の歌は「忘れもの撲滅委員会 2番」です。「2355」という夜中の番組もあるのですが、こちらは未だ見られていません。

どっかで見た人と思ったら [テレビ]

録画していた「爆笑オンエアバトル」を昨晩見てました。そしたらトップのお笑いの人、なんかもの凄い既視感。
しかし、ギャロップというコンビ名に思い当たる節はなく、もちろん夫はこういうことに頼りにならず、一人悶々としていたのですが、思い出した!

「あああ! たけちよか〜」

そう、私がここ1年ほど、結構楽しみに見ていたNHK教育の番組「みてハッスルきいてハッスル」の忍者役の方でした。お笑いをやってるのは何となく知っていたのですが、テレビでネタを見たのは初めてでした。

先日の「みてハッスルきいてハッスル」の最終回が、忍者たちがそれぞれの修行の道を歩むという話で、たけちよは漫才師として頑張って行くというラストだったので、

「たけちよ、立派になって(涙)」

と思わず思ってしまいました。っていうか、私が知らなかっただけで、ギャロップってお笑いの新人賞かなり総なめ状態の実力派コンビで有名だったんですね。今回見たサッカーのネタも面白かったです。

「みてハッスルきいてハッスル」公式
http://www.nhk.or.jp/hassuru/ja/frame.html


ドラマ「Q.E.D.―証明終了」第7話「エレファント!」 [テレビ]

ポアンカレ予想がモチーフになっている回でした。お話はうまくまとまっていたと思います。
で、ストーリーに全く関係ない我々夫婦の笑いのツボ:

黒板に延々とn=1,2,……とn次元球面の体積を計算して、あげくにn次元球の体積のガンマ関数表示を「証明なしに」書いてQ.E.D.とか書いてるトウマ君。

この回の数学指導の小山信也さん、もちょっとそれらしい式を書かせてあげて〜。
#というか、微分幾何の人に頼もうよ>スタッフ

あと、やっぱり数学者は変人だ、という世間の固定観念を後押しする海賊役を袴田吉彦が好演してました。




ドラマ「キイナ−不可能犯罪捜査官−」第2話 [テレビ]

水曜22時から日テレ系でやっている菅野美穂主演のドラマです。
http://www.ntv.co.jp/kiina/
友人からメールでお勧めされて見てみました。第1話は見逃したので、第2話を録画して見ました。
お話の大枠は、一瞬で見たものを記憶できるという能力を持ったキイナ(菅野美穂)が一見不可思議不可能に見える犯罪に挑むというものです。1話完結です。

第2話はポルターガイストの話で、「ガリレオ」を見てた人には特に謎な所はなかったような。2話を見ただけの印象ですが、トリックの謎解きよりは、理屈や論理では片付かない人の感情や心理を描きたい感じに見えました。小学生の兄が妹を思ってパラパラマンガを描いていたというシーンがあったのですが、そこで不覚にも目から汁が……しかし隣で、うわーんとか言ってるおっさんがいたので、ちょっと冷静になれました。

というわけで、こちらも録画決定になりました。溜めないように頑張って消化していきましょう。
(つーか、さっさと寝てくれ>娘)


分かってスッキリ [テレビ]

先日、初めて髭男爵を見たのですが、なぜか物凄い既視感。
これは何だろうとずっと考えていて、今朝やっと分かりました。

横山たかし・ひろしだ!

そこでグーグル先生にお伺いすると

髭男爵 横山たかし の検索結果 約 2,240 件中 1 - 10 件目 (0.12 秒)

検索結果のリンクを辿って、ああ、やっぱり同じように感じてた人がいたのね~と安心しました。

ちなみに夫にこの件を話したのですが、全く相手にされませんでした。まあ、彼は二組とも知らないのでしょうがないんですが。


今更今年のM-1について [テレビ]

優勝したサンドウィッチマン、初見でしたがとても面白かった。キングコングもネタをやってるの初めて見たのですが、1回目のネタは面白かったです。2回目はちょっと声張りすぎて空回りしてる感あり。10円ハゲ見せるのも止めといた方が良かったのでは。

トータルテンボスは1回目も2回目も上手くまとまってました。決勝3組はどれもネタのやり取りや間が良かったですが、やはりサンドウィッチマンが上手さが頭一つ抜けてる感じでした。ボケの人の淡々としたキャラ、突っ込みの人の間の取り方、どれも凄かったと思います。

今年はなんか今ひとつかも、とエントリー8組みてて思ったんですが思わぬ伏兵といった感じで番組自体も凄く盛り上がって見てよかったと思いました。

全然関係ないですが、CMのオートバックスのチュートリアルの漫才も何パターンあるのかと必死で見てしまいました。オートバックスも、なかなかやるな。


ドラマ「ガリレオ」 [テレビ]

第1話から頑張って(普段テレビを見ないので頑張らないと見るのを忘れてしまう)見ています。
原作がどれも薄味なので、ドラマの過剰な演出が楽しめるつくりになっていると思います。

お約束の湯川先生が閃いて数式を書きなぐるシーンは、毎回我が家の爆笑ポイントです。
昨日の4話では研究室の中なのに机に直接チョークで書きなぐっていて、腹痛起こすくらい笑いました。夫突っ込み:黒板に書けよ。私突っ込み:散らかしてる紙類に書けよ。
また背景の黒板に毎回小ネタが仕込んでありそれも楽しいです。(絶望先生の様にDVDの販促のための戦略かと思うけど)

映画の方も気になります。「容疑者Xの献身」の数学者石神はどういう役者さんが演じることになるのか楽しみです。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。