So-net無料ブログ作成
検索選択
本・マンガ・アニメ ブログトップ
前の10件 | -

中身がおっさんの少女が魔法で大活躍するお話です [本・マンガ・アニメ]

中身がおっさんの少女が魔法で大活躍するお話って言ったら、ほら、あれですよね。


「魔法少女さん」!

魔法少女さん (ジェッツコミックス)

魔法少女さん (ジェッツコミックス)

  • 作者: 縛
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2014/04/28
  • メディア: コミック



最近web上の試し読み
http://www.younganimal-densi.com/ttop?id=9
で知って、あっという間にはまってしまいました。この他に、

魔法少女さん ふぉ~えば~ (ジェッツコミックス)

魔法少女さん ふぉ~えば~ (ジェッツコミックス)

  • 作者: 縛
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2014/12/26
  • メディア: コミック


やkindle版しかないみたいですが、

帰ってきた魔法少女さん

帰ってきた魔法少女さん

  • 出版社/メーカー: 縛
  • 発売日: 2016/12/31
  • メディア: Kindle版


などもあって、全部揃えてしまいました。大人って素敵。

内容は、魔法少女が人助けをするのが当たり前の世の中で、中身が昭和のおっさんの魔法少女さんとその居候先の大学生イトウくんとのほのぼのハートフル(?)な4コマ漫画です。魔法少女さん、実に素晴らしく仕事ができる有能な人なんで、尊敬してしまいます。ただし、下ネタがんがん出てくるので注意。イトウくんもツッコミの腕もさることながら、色々魔法少女さんに面倒ごとに巻き込まれてながらも、そつなくこなしてしまえる有能な人で、読んでて気持ちがいいですね。魔法少女さんは大阪弁なのですが、これも私には近所のおっちゃんのようで親近感が湧きました。コミックは上の3冊でおしまいのようですが、もっと読みたかったですね。続編、また出ないかなあ。

「天竺熱風録」田中芳樹 [本・マンガ・アニメ]


天竺熱風録 (祥伝社文庫)

天竺熱風録 (祥伝社文庫)

  • 作者: 田中 芳樹
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2011/06/09
  • メディア: 文庫



人生初、田中芳樹です(日本語が不自由な人)。元は下の漫画の広告を見て興味を持ちました。



天竺熱風録 1 (ヤングアニマルコミックス)

天竺熱風録 1 (ヤングアニマルコミックス)

  • 作者: 伊藤勢
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2017/05/19
  • メディア: コミック



銀河英雄伝説もアルスラーン戦記も長すぎて、読む気が起こらないヘタレな人間には、とても良かったです。何せ、1巻で完結!!(コミックは違いますが)。

三蔵法師と時を同じくして唐の時代の王玄策という人が、3回天竺に行って帰って来てるのですが、その人の2回目の天竺行の冒険譚です。ものすごく淡々と書かれていますが、かなり凄い事してます。淡々と描かれすぎて物足りない人もいると思いますが、サクッと娯楽小説を楽しみたいという人にはオススメです。もっと外連味が欲しいという人は、コミックスの方が良いかもしれません(コミックスは試し読みした印象のみで書いてます)

きちんと完結するお話っていいものだと、年をとってよく思います。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

GWも終わりですね [本・マンガ・アニメ]

とりあえず、近くの店で、レンタルコミック30冊1300円とかやってたので、借りて読みました。

僕だけがいない街 1~9巻(完結)

僕だけがいない街 9 (角川コミックス・エース)

僕だけがいない街 9 (角川コミックス・エース)

  • 作者: 三部 けい
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/02/04
  • メディア: コミック


こちらは、以前電子書籍の試し読みで、1巻まで読んだことがあって、もう完結したら一気読みしなくちゃと思っていたのです。面白かった! サスペンス好きならオススメ。SFやミステリとしては少し弱いですが、そんなの気にならないくらい勢いがあります。主人公の母の主人公への想いに泣かされます。

逃げるは恥だが役に立つ 6~9巻(完結)

逃げるは恥だが役に立つ(9) (Kissコミックス)

逃げるは恥だが役に立つ(9) (Kissコミックス)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/03/13
  • メディア: Kindle版



1〜5巻は以前借りて読んでたので、今回はその続き。ゆりちゃん良かったね!という感じでした。

信長のシェフ 1~16巻(以下続巻)信長が家督を譲るとこまで。安土城も作りかけ。

信長のシェフ 16 (芳文社コミックス)

信長のシェフ 16 (芳文社コミックス)

  • 作者: 梶川卓郎
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2016/08/16
  • メディア: コミック


昔、ドラマでやってたのを流し見してたのですが、なんか全然イメージ違いました。原作の方が好きかも。主人公は料理の知識と歴史と技術について超絶的に優れていて、全然現実味がありませんが、いいじゃないか漫画だもの。この作品でも信長はやっぱり甘いもの食べてるし、足利義昭はウザいし、森可成は超いい人だし、誰が書いてもこの辺の人は同じなのか。

さて、ここまで読んで、何か違和感を覚えた人は鋭い。9+4+16=29ですよね。残り1冊は、私にとって鬼門の人の作品で、やっぱりピンとこなかったので、オススメしません。

今年のGWは子供が2人で祖父、祖母の家に遊びに行ってたので、大人二人でのんびり過ごせて、良かったです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

「書楼弔堂 炎昼」京極夏彦 [本・マンガ・アニメ]

冬休みなので、久しぶりに漫画以外の本を読みました。

書楼弔堂 炎昼

書楼弔堂 炎昼

  • 作者: 京極 夏彦
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/11/25
  • メディア: 単行本



このシリーズの最初の本については
http://chinatchan2.blog.so-net.ne.jp/2015-02-15
に書きました。

今回の「炎昼」は、最初の本と構成はほぼ同じで、狂言回しの語り手が女性になっています。これも前の本と同じで、ネタバレせずに内容を語るのが難しいのですが、前の本より本屋の客については分かり易い作りになっています。その分、ミステリよりは蘊蓄を楽しむ作りになっているかと思います。あんまり謎解きしようと思って読むと肩透かしを食らうので、語り手の女性同様、流されるままに読むのが良いかと思います。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

三国志もの3つ [本・マンガ・アニメ]

私はとても歴史がダメです。世界史も日本史もダメ。頭が受け付けない感がスゴイです。誰が何をしたとかかなりどうでもいいと思ってしまうのがダメな理由です。でも、頭を使って戦略を練ったり、権謀術数渦巻く戦争の話は大丈夫です。というわけで、長いこと興味はあるものの、読もうとしては挫折していた「三国志」のことを最近また理解してみようと思い立ちました。

まずは隗より始めよというわけで、自分がとっつきやすそうなところで、4コマ漫画から読み始めました。

孔明のヨメ。 1巻 (まんがタイムコミックス)

孔明のヨメ。 1巻 (まんがタイムコミックス)

  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2012/06/07
  • メディア: Kindle版


面白いです。まだ諸葛亮孔明が士官する前のお話で、新婚の孔明さんとそのお嫁さん(黄夫人)を中心にお話が展開していきます。(まだ)登場人物が少ない、人物の書き分けが明瞭(横山光輝の三国志で挫折した理由がここ)、その時点での諸国の位置と状況の解説が入るので理解しやすい、ギャグよりの話だが作者がかなりの三国志ギークなので創作部分がかなり自然、というのがとてもよいと思いました。5巻まで一気に買ってしまいましたが、6巻が出るのが待ち遠しいです。

妖怪三国志 (封入特典『コマさん孫策』武将レジェンドメダル 同梱)

妖怪三国志 (封入特典『コマさん孫策』武将レジェンドメダル 同梱)

  • 出版社/メーカー: レベルファイブ
  • メディア: Video Game


そして、これ。こちらは史実はかなりアレンジされまくっていますが、登場人物が全て妖怪で、似たような名前の人でもすぐに区別がつくのが素晴らしいです。私は項羽と関羽をよく間違えるのですが(夫に言わせるとありえないレベルらしいです)、「ブリー隊長関羽」となればもう間違えません。素晴らしいです。孫策と孫権もコマさん孫策とコマじろう孫権で完璧です。妖怪がくっつくだけで、こんなに人の区別がつきやすいのかと自分でも驚くレベルです。ゲームとしては、私にはやや難しいのですが、小3の娘はなんか順調にやってるので、ゲーム慣れしてる人にはきっとそんなに難しくないのでしょう。Koeiの三国志のゲームをやってた人は、オープンニングのテーマだけで悶絶するみたいです(夫談)。


三国志魂 ワイド版

三国志魂 ワイド版

  • 作者: 荒川 弘
  • 出版社/メーカー: コーエーテクモゲームス
  • 発売日: 2016/01/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


そして、これ。かなりちゃんとした「三国志演義」(「正史」も含む)の解説書です。4年前に上下巻でKoeiさんから出版されたものをまとめなおしたものらしいです。見開き右ページに、「演義」のあらすじとそれにまつわる雑談、左ページは右ページをネタにした4コマという構成です。右ページのあらすじを読めば、「三国志演義」の基礎知識のショートコースになってます。これで、もう知ったかぶりもできます。オロチが周瑜なのはいいけどなんでノガッパが姜維なのよ?みたいなことも言えちゃいます。この本を読むと「演義」と「正史」を読みたくなります。時間的にすぐは難しいけど、いつか読みたいなあと思いました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

「書楼弔堂 破暁」京極夏彦 [本・マンガ・アニメ]


書楼弔堂 破暁

書楼弔堂 破暁

  • 作者: 京極 夏彦
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: 単行本



1年くらい読む時間がなくて、本棚に放置してたのですが、最近まとまった時間がとれたので、読みました。

時代は、明治25〜26年、場所は東京。そこに外から見ると本屋に見えない本屋があって、そこの店主が主人公。お話の進行役と言うか狂言回しは、高等遊民のダメな男。その本屋にいろんな人が訪ねてきて、自分の1冊を買って帰る、というお話です。これ以上の解説はネタバレになるので止めます。

著者曰く(*)、「本屋に客が来て帰るっていうだけの話」。全くその通りの本でした。
でも、本好き(著者は、よく書痴といってますが)の人には、理想の本屋の話です。この話の本屋さんには、いっぱい本があります。それも、面白そうな本が。このシチュエーションだけで、嬉しくなります。しかも、店主さんが自分にぴったりの本をお勧めしてくれるんです。いいなあ、この本屋さん、行きたいなあ。何も予備知識無しで読み始めたので、登場人物も楽しめました。

(*)は、(ネタバレ注意!)http://www.shueisha.co.jp/tomuraidou/index.html
内の著者インタビューによります。このページ、公式にいきなりトップページからネタバレしてます。
ネタバレOKというか、むしろもっと内容が知りたい方は、このページをどうぞ。

以下は余談:
筒井康隆に「旅のラゴス」という短編連作作品があって、そこにも巨大な図書館が出てくるんですが、それを少し思い出しました。本に囲まれて生活するって憧れますよね。

旅のラゴス (新潮文庫)

旅のラゴス (新潮文庫)

  • 作者: 筒井 康隆
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1994/03/01
  • メディア: 文庫



後、1年程前に「書庫を建てる」という本を読んでたので、楼閣のような本棚と弔うというモチーフが偶然、同時期に出てきたのも面白いなと思いました。

書庫を建てる: 1万冊の本を収める狭小住宅プロジェクト

書庫を建てる: 1万冊の本を収める狭小住宅プロジェクト

  • 作者: 松原 隆一郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2014/02/28
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

「世界のあやとりがわかる たのしいあやとり チャレンジ」野口 廣 [本・マンガ・アニメ]


たのしいあやとりチャレンジ―世界のあやとりがわかる

たのしいあやとりチャレンジ―世界のあやとりがわかる

  • 作者: 野口 廣
  • 出版社/メーカー: 滋慶出版/土屋書店
  • 発売日: 2013/08
  • メディア: 単行本



6歳の長女があやとりにハマっていて、新しいあやとりの本が欲しいというので、書店にて購入。
シュリンクされていたので、中身は見られなかったけど、世界のあやとりが載っているのと判型が大きく見易いようになってるっぽいので、購入。長女はとても喜んでくれて、次々に新しいあやとりをやっていたので、多分分かりやすいのだと思います。(自分で読み込んでなくて、すみません)
あやとりの紐も赤と黄色の2本ついていて、本を見て、すぐに始められます。

著者の肩書きが、「国際あやとり協会顧問」とかいう”プロあやタイトルマッチ(注)”の解説者に呼ばれそうな肩書きだったので、一瞬あやしく思ってしまったのですが、経歴を見るととっても偉い数学者でした(加藤十吉先生のお師匠さんでした)。

(注)プロあやタイトルマッチとは、あやとりのプロ同士がリング上で戦う競技の一種で、のび太がドラえもんに頼んで出してもらったもしもボックスで作り出された架空の世界の架空の競技。

「水木少年とのんのんばあの地獄めぐり」水木しげる [本・マンガ・アニメ]


水木少年とのんのんばあの地獄めぐり

水木少年とのんのんばあの地獄めぐり

  • 作者: 水木 しげる
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2013/06/27
  • メディア: 大型本



先日、上京して紀伊國屋書店に行ったときに、6歳の長女に絵本を好きに選ばせたらこれをもって来たので、非常にびっくりした。家の長女は恐ろしいくらい恐がりで、寝る時は真っ暗ではダメだし、扉に少しでも隙間があってはいけないし(隙間から何か入ってきそうでダメらしい)、並んで寝る時は端になるのは嫌だといって(これも何か来たときに盾となる人がいないといけないらしい)次女とのポジション争いを毎晩繰り返している。書店で平積みになってたので、目についたのだろうけど、見た目もとても怖そうだし、作者も水木しげるなので内容もきちんとした地獄の話なのに、もの凄く興味を持って何度も何度も繰り返し読んでいる。怖いけど面白いらしい。怖いもの見たさ、というのはこのことかともの凄く得心した。

お話は、水木少年がのんのんばあに連れられて、三途の川から閻魔様の前を通って八大地獄と極楽を見開き一つずつ巡るというとてもシンプルなもの。鬼が罪人の体を物理的にめちゃめちゃにしまくってる絵のオンパレードだが、不思議と不快感を感じさせないのは、画力のみならず水木先生の人柄みたいなものが出てるからだろうか。場面によっては鬼よりのんのんばあの表情の方が怖く見えるのが面白い。

言うまでもなく、絵がとても良い。書き込み多いのにごちゃつかず見やすく細部にもいろいろ見所あり、飽きない。個人的には、水木しげるの美人画を見られたのは収穫。あと、帯にもアオリがあるようにねずみ男が罪人の中に紛れていて、それを探すのも楽しい。長女は、ねずみ男を知らないのに、私より先に見つけたのでこれまたビックリした(他の罪人とは明らかに違って見えたらしい)。

地獄系(?)の絵本の中では、私はこれが一番好みです。超おすすめ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「ぼおるぺん 古事記」(一)(二)(三)こうの史代 [本・マンガ・アニメ]


ぼおるぺん古事記 (一)天の巻

ぼおるぺん古事記 (一)天の巻

  • 作者: こうの 史代
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2012/05/27
  • メディア: コミック



ぼおるぺん古事記 (二): 地の巻

ぼおるぺん古事記 (二): 地の巻

  • 作者: こうの 史代
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2012/09/27
  • メディア: 単行本



ぼおるぺん古事記 三: 海の巻

ぼおるぺん古事記 三: 海の巻

  • 作者: こうの 史代
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2013/02/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



本屋で1巻を衝動買いして、あまりに面白かったので、その日にネットで2巻、3巻を注文し、届いて一気に読みました。古事記の日本の神様のお話って、個々の断片的なエピソードは知ってても、全体でどういうお話なのかちっとも分からなくて数十年ほどモヤモヤしてたのですが、それが解消されました。

古事記の書き下し文がそのまま漫画のト書きや会話文となっているので、これを読むだけで、古事記の上巻の神代のお話が原文に近い状態で読めてしまうのが驚きです。古事記をそのまま読もうとすると神様の
名前が長過ぎたり別名がいっぱいあったりして、私はもの凄く困難さを感じてしまうのですが、この本だと、もの凄く沢山いる神様の描き分けがちゃんと出来ていて、神様の名前とか斜め読みしてもお話が分かってしまうのがとても素晴らしい。「あさきゆめみし」(大和和紀)や「三国志」(横山光輝)を途中で挫折してしまった私でも、ちゃんと読み切れました。

漫画としてもすごく出来がいいと思います。コマ割りや構成など古事記の原文を消化して自分のものにしてないとこんな作品は描けないだろうなというのが、素人の私にでも分かります。こうの史代の漫画はこれが初めてだったんですが、他の作品も読んでみたいなと強く思いました。

注釈が必要な分だけついていて、多すぎないのもとても良いと思いました。説明しすぎて、原文の良さを損ないたくないというのが感じられました。

内容は、(一)がイザナギ、イザナミ、アマテラス、天岩戸、スサノオ、ヤマタノオロチ;
(二)が、オオクニヌシ、因幡の白兎、出雲の国づくり、タケミカヅチのお話;
(三)が、ニニギ、サルタヒコ、コノハナサクヤビメ、海幸、山幸、トヨタマビメのお話;
となっています。

日経おとなのOFF 「おとなの算数入門」2013年06月号 [本・マンガ・アニメ]


日経おとなの OFF (オフ) 2013年 06月号 [雑誌]

日経おとなの OFF (オフ) 2013年 06月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2013/05/07
  • メディア: 雑誌


本屋の店先で、表紙が目に留まり購入。冒頭の特集のサブタイトルに、

「物忘れが多くなったり、集中力が続かなかったりと脳の老化が気になる人には算数が効果的」

とあり、週3日程度、数学教えてるのに「物忘れが多くなったり、集中力が続かなかったり」する自分に軽く落ち込む。

それはさておき、内容は結構面白く読めました。特に「和算入門」が広く浅く和算について、8ページに渡ってまとめてあって、興味深かったです(ただし、知ってる人には浅すぎてもの足りないのではと思います)和算の問題も、8問(入れ子算、俵杉算などは私は初見でした)、算額の問題も4問ほどあってなかなか楽しいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 本・マンガ・アニメ ブログトップ