So-net無料ブログ作成
検索選択

TDRに行ってきました(1/6分) [旅行]

TDR2日目です。この日は10時開園の日で、ディズニーランドホテル宿泊者は15分早く入場できる特典がありました。それで、9時40分頃に宿泊者用の入場門まで行ったのですが、既に数百人は並んでいてびっくり。開園から我々が入場するのに15分以上余裕でかかっていたので、一般の入場者の一番のりの人の方が入るのが早かったようです。そして、みんな走る、走る。幼児連れとか凄く危ないです。なんと言うか夢の国に入るって、こんなに殺伐としてるのかと思ってしまいました。

入場するとエントランスにキャラがいて、写真を撮ったりするイベントをやってました。ミッキーとかあっという間にもの凄い列だったので、比較的空いているプーさんと写真を撮りました。
ミキミニ後ろ姿.jpg
(この写真は1/5に撮ったものですが、雰囲気はこんな感じ。)
エントランスでは結構頻繁にキャラが出てくるみたいで、入場、退場の度に何かしらキャラに会うという状態でした。嬉しいのですがあんまり会いすぎると有り難みが無くなりますね。

それから、トゥーンタウンというエリアに行きました。ここは並んで入るアトラクションもありますが、見学したり遊具があったりする場所が多く、子供が自由に遊べる感じです。それでも、滑り台とか狭い階段とかは少し大きい子(幼稚園児以上)が大はしゃぎで遊んでいるので、2歳児だとずっと親がすぐそばについてないといけない感じです。

その後、予約している昼食まで時間が少しあったので、通りがかりのウェスタンランドで蒸気船に乗りました。まったりできて良かったです。

昼食はポリネシアンテラスレストランで、「リロのルアウ&ファン」というショーとキャラに会うのが一緒になったものを予約しました。ショーやキャラとの絡みは良いのですが、このレストラン、メニューが完全固定で大人も子供も1種類しか食事が頼めません。デザートすら選べない。選べるのは飲みものだけ。偏食持ちの子供連れには厳しいものがありました。途中で娘がぐずりだしたので、何度も外に連れ出したりしてる合間に急いで食事をとったので、味はあんまり分かりませんでした。ポリネシアンパンチという飲み物は美味しかったです。娘はショーが始まるとおとなしく楽しそうに見てました。

その後、ワッフル屋さんに行ってミッキーの形のワッフルを食べました。空いていた所為か残念ながら冷めていて、ちょっとがっかり。娘にはソースがかかってない小さいワッフルがあったので、それを食べさせました。お昼をほとんど食べなかったので、これはよく食べてました。

ここで、一旦ホテルに戻り娘のお昼寝と親の休憩。
夕方からはディズニーシーへ行きました。
地球儀の噴水.jpg
写真はエントランスの噴水です。

シーでは、オーバーザウェイブというショーを見ました。お話は豪華客船の中の人間模様を描いた単純に「イイハナシだなー」と思えるもので、後は歌と踊りがメインです。屋外のステージなんで寒かったですが、これは見て良かったです。娘も嬉しそうでした。
オーバーザウェイブ.jpg

その後、ブラビッシーモというエントランス近くのメディテレーニアンハーバーで催されるショーを見ました。最初にミッキーが派手な衣装で船に乗って現れて、その後は火と水の機械仕掛けのショーになります。これがさっぱり意味が分からない。光や音楽は奇麗なのですが、吹きさらしの屋外で運悪く風下だったのでたまに水しぶきが飛んでくる中、とにかく寒くて私は早く去りたかったです。もっと気候がいいときにみたいショーだと思いました。

夕食は、モノレールに乗ってイクスピアリという商業モールに移動して、適当なレストランに入りました。今回、私は食事運が良くないらしく、ここでは隣に座った客が大声で非常に良い滑舌で食事時に聞きたくない生々しい話をしていて、正直精神的に消耗しました。

この日は疲れ切って就寝。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

TDRに行ってきました(1/5分) [旅行]

1/5〜1/7に東京ディズニーリゾート(以下TDR)に行ってきました。夫の仕事の都合と私の体調(安定期でまだ動きやすい時期)と2歳児が楽しめそうな所でこの時期の国内、となると、ここがよろしかろうという私の判断です。ちなみに私も夫もディズニーランドは10年以上前に1回行ったっきりでした。
TDL.jpg

行きと帰りは飛行機で、時間は娘の食事時間にぶつけて、機内でおとなしくさせる作戦です。これは成功。

宿泊は

東京ディズニーランドホテル

東京ディズニーランドホテル

  • 場所: 千葉県浦安市舞浜29-1
  • 特色: 東京ディズニーランドRの真正面に位置するヴィクトリア朝様式の壮大かつ豪華な雰囲気のディズニーホテル

です。ディズニーランドに一番近くて、宿泊者特典がいろいろあるのでこちらにしました。

13時半ごろ到着して、ホテルに荷物を預けて、まずはディズニーランドに行きました。そしてまず1/5までの新年のパレードを見ました。
新年パレード.jpg
今年の干支の虎のティガーが先頭でした。着物姿のミッキーとかミニーもいましたが、パレードの左右にミッキーとミニーが分かれているので、我々が座ってる側からはミッキーは見えてもミニーは後ろ姿しか見えずでした。このパレードはあっという間に終わりました。

その後、イッツアスモールワールドというボートに乗って屋内の人形を見て回るアトラクションへ。1/5までの期間限定のベリーメリーホリデイというのを見ました。
イッツアスモールワールドホリデイver.jpg
全然期待してなかったんですけど、結構見応えがあって娘も見入っていました。音楽も楽しく小さい子にはお勧めです。
それから、ホテルに戻る途中でミッキーの形の肉まんを買い食い。
ミッキー中華まん.jpg
味は普通の肉まんですが結構大きめです。400円。遊園地価格ですね。

16時頃にホテルにチェックインに戻ったのですが、フロントが凄く混んでいてめちゃめちゃ待たされました。部屋に入ったのが16時半ごろ。少し休憩して、早めの夕食のシェフミッキーへ移動。

シェフミッキーというのは、ディズニーアンバサダーホテル内のビュッフェ形式レストランで、食事中にいろんなキャラが回って来て、写真を撮ったり絡んだりできる所です。キャラはジェスチャーのみで喋れませんがサービス精神一杯で接してくれます。なのに娘は無言のキャラと直接絡むのが怖いのか、写真をいっぱい撮った割には全部表情が微妙でした。ちなみに料理の味は普通です。
シェフミッキーに捕まる.jpg

その後、夜のパレードを見る予定でしたが、疲れていたのでホテルに戻って、ホテルのコンビニで買い物したり土産物屋を見たりホテルの中庭で花火を見たりして、部屋に戻りました。

1/6、1/7分はまた後日。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大岐の浜 [旅行]

高知の私の両親の家に帰省していたときの話です。近くの海に遊びに行きました。

大岐海岸とか大岐の浜とか呼ばれている太平洋に面した遠浅の海です。
大岐の浜01.jpg
大岐の浜02.jpg
国道321号線沿いに海岸への入り口が2ヶ所あります。1日目はその南の入り口の浜の真ん中辺りに出る方から入りました。駐車場の料金は300円。ゴミ袋を渡されてゴミは持ち帰るように言われます。駐車場から浜への入り口の途中にトイレとコインシャワーがありました。

この日は平日だったのと風と波が強かったので、人が全然いませんでした。赤い旗は遊泳禁止区間を示す印です。我々も海に入るのは止めてもっぱら波打ち際で遊んでました。
海と娘.jpg

2日目は海岸の北側の入り口から入りました。こちらは駐車場(料金は同じ)から浜まで近く、流れの緩やかな川があり、子連れには非常に良い遊び場です。
大岐の浜03 川.jpg
川辺の様子.jpg
土曜日だったのもあって家族連れが沢山来ていました。
我々も持参のテントを張って、日陰を確保。川辺も浜辺も日を遮るものがないので(パラソルの貸し出しなどもない)、遊びに行かれるつもりの方は何か用意しといた方がいいと思います。
川でのテント.jpg

川は水深が深くても50cm程度で、とても水が澄んでいて、底の砂もとても細かく気持ちいい場所でした。小魚も沢山泳いでいます。シジミの貝殻も沢山見つけました。とにかくとても良い所でした。1日目もこちらで遊べば良かったです。トイレやコインシャワーがあるのは北側と同じです。
川の水.jpg
娘は大喜びで川の砂の上に寝そべったり、手をついたりして遊んでました。おかげでラッシュガードが砂まみれです。両日とも波が高くて、私はちっとも泳いでいません。またスノーケリングし損ねました。どうも今年はスノーケリング運がないようです。

娘も大喜びだったし夫も私もとても気に入った場所なので、是非また帰省の折には来たいと思います。


持って行ったテントの情報はこちら


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

沖縄の旅〜食事編「しまぶた屋」 [旅行]

しまぶた屋入り口.jpg
ええと、もう2ヶ月経ってしまいましたが、沖縄に行ったときの食事の話です。
1日目に行ったお店で、沖縄の島豚の美味しさに目覚めたので再び豚を食べに行きました。今度はせいろ蒸しのお店「しまぶた屋」です。
公式:http://www.simabutaya.jp/
ぐるなび:http://r.gnavi.co.jp/f316200/
メニュー.jpg
この日は、島豚の他にイノブタもあるというので、島豚とイノブタのコースを1人前ずつ頼みました。こちらのお店はテーブルにせいろがドーンと置いてあって、各自でお肉と野菜を蒸していただきます。蒸し方などはメニューにちゃんと書いてあります。
前菜.jpg
つけだれと薬味.jpg
前菜はもずくを寄せたものと海ぶどうでした。つけだれは、ポン酢と「黒ごまと豆乳」がありましたが、やっぱりシンプルに塩だけで食べたのが一番美味しかったです。
お肉と野菜.jpg
お肉アップ.jpg
おにくアップ.jpg
上のどっちかが島豚で、どちらかがイノブタですw。味はイノブタの方が柔らかい感じでした。
せいろ.jpg
こんなかんじで蒸篭で蒸されています。脂身が多いのに臭みがなくて甘いのは、同じです。結構沢山食べましたが、胃もたれもなし。自宅でもスチーマーで豚肉と野菜の蒸篭蒸しをやってみたのですが、やっぱり肉が違うのか(一応スーパーで売ってる中ではいいものを選んだのですが)、今ひとつでした。
偏食娘はやっぱりお肉は全然食べずに白米ばかり食べてました。本当に大きくなったら後悔するぞ。

我々は夫の車で行ったのでお酒無しでしたが、近くのホテル(リザンシーパークホテル、万座ビーチリゾートホテルなど)までは代行運転があります。
店の前の豚さん.jpg
店の前の豚さんと娘です。



nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

沖縄の旅〜宿編「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」 [旅行]

万座ホテル外観.jpg
今回の宿は、こちらのサイト→「この世は私のためにある♪」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~yu--/top.html
でお勧めされていたANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート(旧 万座ビーチホテル&リゾート)にしました。今年の3月にリノベーションしたばっかりとあって、とてもきれいな宿でした。上の写真はホテルのビーチからホテルを見た所です。

ホテル公式:http://www.anaintercontinental-manza.jp/
ホテルのロビーを上から見た所:
ホテルロビー上から.jpg
夜のロビー。フルートの演奏がステージで行われてました。:
夜のロビー.jpg

ホテルの部屋は、ロビーと同様に白とブルーでまとめられててさわやかな感じ。
部屋のベッド.jpg
ベッドの奥のブラインドが下がっている所は、お風呂とトイレです。ブラインドを上げるとお風呂から、テレビが見えるようになってます。
部屋の机.jpg
部屋の洗面台.jpg
お風呂.jpg
この部屋はカテゴリー的に多分一番お安い部屋(万座毛が見えない&低層階)でしたが、全然不自由はありませんでした。海もちゃんと見えます。下の写真が部屋から見た海の写真です。
部屋から見た海.jpg
このホテルは、小さい子連れの家族にとても配慮したサービスが沢山あって(オムツ用のゴミ箱やベビー用品の貸し出しがある、レストランに子供用のメニューがちゃんとある、敷地内に託児所などなど)、とても過ごしやすかったです。個人的には地味に部屋に体重計が置いてあったのが、嬉しかったです(現実から目をそらさずにすんだw)。

ホテルに何でもあるので、海遊びも食もリラクシゼーションも全部ホテルの中で事足りる感じです。コンビニもあって、細々としたものもちゃんと買えますが、おにぎりやパンなどの軽食は置いてませんでした。(レストランでちゃんと食べろってことですね)
ホテルのプールと万座毛.jpg
上の写真はホテルのプールと万座毛です。ここのホテルはとにかくとても景観が良いです。ホテルのロビーやプールやレストランから望む海や万座毛がとても奇麗で素晴らしいです。
プールのそばの更衣室の隣には、コインランドリーや水着の脱水機もありました。(ここは改修されていないのか古い感じでした。)

庭の百合.jpg
百合がちょうど季節だったようで、あちこちに咲いていてきれいでした。

朝食券の付いているツアーだったのですが、この朝食券はランチやビーチアクティビティにも使用できるというのも良かったです。最終日は食べ過ぎで苦しかったので、朝のビュッフェはパスして、同じレストラン(「アクアベル」と言います)のお昼の方に振り替えたのですが、お昼の方がビュッフェの内容が良かったように思いました。お昼はステーキがあったりパスタやデザートもいろいろ
あるので、朝さほど食べないという人はお昼に朝食券を回すのが良いと思います。
#お昼は運良くテラス席だったのですが、我々の前のテーブルの人のステーキが席を外した隙に外から来たカラスにさらわれてました。テラス席の場合はちょっと注意が必要かも。

海の状態が良くなくて、ホテルのビーチでは散歩しかしてませんが、ビーチもとてもきれいでした。
ホテルのアクティビティは、サブマリンJrという半潜水グラスボートに乗りました。これがとても良かったです。長くなったので別記事で書きます。

総合的にとても快適に過ごせました。ホテルの位置も沖縄本島南部にも北部にも行きやすいです。でも、どちらかというとホテルでまったり過ごしたい人向けだと思いました。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

沖縄の旅〜海編 瀬底ビーチとゴリラチョップ [旅行]

沖縄3日目です。この日も波が高くて風も強く海には入れない状態でした。それでも、一応スノーケリングしようと思っていたビーチに行くだけ行ってみようと出かけました。

場所は瀬底島です。瀬底島は本島の北西にある島で、本島とは瀬底大橋という橋で繋がっています。
瀬底大橋からの海.jpg
瀬底大橋から見た海です。グラデーションが見えにくいですが、とてもきれいです。

ちょっと地図を良く見ていなくて迷ったのですが、瀬底ビーチに無事着きました。瀬底ビーチもスノーケリング可のビーチなのですが、この日はやっぱり遊泳禁止で、その代わり駐車場がタダでした。駐車場からビーチまでは結構歩きます。その間の道は砂利が多くて、回りは工事現場で全然景観が良くないです。
瀬底ビーチ.jpg
ビーチに着くとこんな感じです。こじんまりしたビーチです。しかし、透明度は半端なかったです。
瀬底ビーチの透明度.jpg
風が強くて波が荒いのにこんなに透き通ってます。泳いでみたかったなあ。
やどかり.jpg
遊泳禁止で暇にしているビーチの管理の人がヤドカリを見つけてくれたりしました。娘はもっぱら砂遊びに勤しんでいました。30分くらい遊んで、風が強いので戻ることにしました。

帰りに瀬底大橋近くの本島側にあるマックスバリュに寄りました。ここには普通のスーパーにあるものだけじゃなくスノーケリング用品も沖縄土産も売ってました。瀬底島に行くときは便利だと思います。

その後、西海岸沿いを南下して、またまた有名なスノーケリングポイントのゴリラチョップと言われている場所に行きました。
ゴリラチョップ.jpg
写真の右側にある岩がゴリラがチョップしているみたいに見えるので、ゴリラチョップと言われています。
チョップ重ね.jpg
とりあえず、お約束な写真を撮って、岸に降りてみました。
ここはスノーケリングだけでなく、ダイビングの練習ポイントとしても知られていて、この日もダイビングショップの車がいっぱい来てました。風が強かったので、ウェットスーツなしでは全然泳ぐ気にはなりませんでしたが、ここは地形的に波が高くなりにくく他のポイントがダメでもここなら何とか大丈夫という所みたいです。ただここはシャワーとか更衣室、トイレなどの設備は何もありません。個人で行くなら注意が必要です。

瀬底ビーチとゴリラチョップの詳しい位置などは下のURLを参照してください。
瀬底ビーチ:http://snorkeling.jp/fun/point/detail.php?pid=00090
ゴリラチョップ:http://snorkeling.jp/fun/point/detail.php?pid=00063

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

沖縄の旅〜食事編「うら庭」 [旅行]

沖縄の2日目の夜は、「うら庭」というお店に行ってきました。
うら庭入り口看板.jpg

「うら庭」公式 http://www.ura-niwa.com/
   ぐるなび http://r.gnavi.co.jp/f143300/

この店を選んだ理由は、
・恩納村近辺のホテルまで無料送迎があるので夫がお酒を飲める
・石垣牛のステーキや本日近港からのお魚料理が食べられる
・子連れでも大丈夫(座敷あり、幼児用の椅子あり、トイレにオムツ替え用のベッドあり)
です。
うら庭入り口.jpg
入り口は南国リゾート風になってます。ちょっとモルディブのレストランぽいなと思いました。
うら庭グリル.jpg
入るとすぐに対面式のグリルがあり、ここで展示されているお肉やお魚を見ながらそれを焼いてもらうことができます。
うら庭前菜.jpg
前菜の5種盛りです。写真だとちょっと分かりにくいですが、手前から左回りに「ゴーヤとパパイヤとパインの和え物」「石垣牛のカルパッチョ」「県魚のスモーク」「ニシ貝のタルタル」「グルクンのエスカベッシュ」です。石垣牛のカルパッチョがやはり美味しかった。とても柔らかくて甘いです。そして旨味が濃い。石垣牛はステーキも頼みたかったのですが、限定10食で既に売り切れでした。どうも予約の段階で売り切れてしまうようなので、食べたい人は予約しましょう。
うら庭魚の姿焼き.jpg
夫に注文してもらったので、固有名詞を忘れましたがとれたてのお魚の姿焼きです。これも美味。結構大きめでしたが(そしてこの前に前菜以外にいろいろ食べていましたが)完食しました。
うら庭今帰仁牛ステーキ.jpg
石垣牛が売り切れだったので、代わりに本島北部の今帰仁(なきじん)で飼育されている「今帰仁牛」のステーキを頼みました。これが中々出てこなくて、すごく待たされたのですが、食べてみるとそんなことがどーでも良くなるくらいの美味しさ。何これ。めちゃめちゃ美味しい。多分、今まで食べたお肉の中でダントツに1番美味しいお肉でした。脂身の美味しさと赤身の旨味のバランスが凄く良いです。既にお腹いっぱい気味だったにも関わらず、完食しました。こういうことをしてると当たり前のように太っていきます。しかし、後悔はしていないッ! それくらい美味しかったです。
#夫はこの後、食べ過ぎと飲み過ぎで体調不良になりました。(ホテルに戻ってからもビールとかのんでるし)そんなことなら、もっと私が頑張ってステーキ食べとけば良かったです。

それから、ここは座敷の子連れ家族率が半端なく高かったです。ざっと見て、座敷のグループの9割以上が子連れ(しかも乳幼児)でした。こんなお店は初めてです。店員さんも慣れている風でした。
それは良かったのですが、一つ気になったのは席が禁煙と喫煙で別れていないようだったことです。今回、回りの席で煙草を吸ってる人がほとんどおらず煙がこちらの席まで流れてくることはなかったのですが、気になる方はお店に確認した方がよいと思います。

といった感じで、またまた満腹で帰りました。石垣牛のステーキは食べられませんでしたが今帰仁牛で非常に満足しました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

沖縄の旅〜海編 真栄田岬 [旅行]

沖縄本島のスノーケリングの有名なポイントに「青の洞窟」というのがありまして、そこに行くのが今回の旅の目的の一つでした。その「青の洞窟」があるのが真栄田岬です。
真栄田岬の階段.jpg
この写真の階段を下りて、海に入るんですが、この日は波は高いわ風は強いわで
真栄田岬遊泳禁止.jpg
思いっきり遊泳禁止でした。
真栄田岬吹き流し.jpg
天気はよかったんで海の色はきれいでしたが、上の写真の吹き流しで風の強さが少しでも伝わるでしょうか。とにかく帽子は手で押さえておかないと確実に飛ばされるし、向かい風だと息苦しい感じです。
真栄田岬 施設.jpg
上の写真は岬側から見た写真です。左にあるのが売店、右がシャワー室とお手洗いです。この日は遊泳禁止だったので、どちらも中までは入ってませんが、多分個人でぶらっと来ても使えると思います。

沖縄本島のビーチは個人でのスノーケリングが禁止されてる場所が多く、ここは数少ない個人で勝手にスノーケリングできる所だったのですが、結局我々の滞在中はずっと遊泳禁止で、泳げなくて非常に残念でした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

沖縄の旅〜お魚編「美ら海水族館」 [旅行]

沖縄には4/25の午前中に着いたのですが、ホテルに荷物を置いて休憩した後、美ら海水族館に行ってきました。
ジンベイザメ.jpg

美ら海水族館 公式 http://www.kaiyouhaku.com/

ホテルに着くまでに結構時間がかかってしまった(レンタカーの配車待ちやカーナビが新しい道を知らないなど)ので、水族館に到着したのは16時半を過ぎてました。
しかし、この時間だと「4時からチケット」といって、通常の3割引の値段で入場できます。しかも、団体客もいないので比較的のんびり見られると思いそれを狙って行きました。ちょうど帰りの修学旅行生とすれ違ったので、良かったと思いました。上の公式のページに「混雑予想」のページがあり、随時更新されているのでそれを見て行くと良いと思います。
#混雑している水族館は八景島で懲りました。

珊瑚の海.jpg

まずはサンゴの海という水槽から見ました。生きているサンゴを飼育している水槽です。色とりどりの魚が舞っていてとてもきれいです。
大水槽黒潮の海.jpg
そして、ジンベイザメやマンタなどの大物がいる黒潮の海の大水槽です。もう、大迫力、圧巻です。全然飽きずにいくらでも見ていられる感じです。気持ち良さげに泳いでいる魚たちがうらやましかったです。娘もず〜っと「おさかな〜、おさかな〜、いっぱいね〜」と興奮していました。水槽の近くに寄ってゆっくり見られるっていいですね。17時にはジンベイザメの餌やりも見られたらしいのですが、残念ながらそれは見逃してしまいました。

順路に沿って、サメのいる水槽などをざっと流し見して、外に出ると、ちょうどオキちゃん劇場というイルカなどのショーが始まっていました。こちらはタダです。
オキちゃん劇場.jpg
イルカジャンプ.jpg
30分のショーのうち見られたのは、後半15分くらいでしたが堪能しました。この日はもの凄く風が強く(天気予報で確認すると風速7〜9mくらい)、時折雨もぱらついていたので、30分じっとして娘を連れてショーを見てるのは辛かったかもしれません。

その後はウミガメ館とマナティ館を見ました。こちらも屋外で入場無料です。
ウミガメ.jpg
マナティ.jpg
網についた水草をハムハム食べているマナティが可愛かったです。

夕飯のお店を19時に予約していたので、滞在時間2時間強で水族館を後にしました。今回はとても駆け足だったのでまたゆっくり見に来たいと思いました。


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

沖縄の旅〜食事編「ちゃんや〜」 [旅行]

ちゃんや〜看板.jpg
美ら海水族館の帰りに夕食を食べるため、水族館近くにある「ちゃんや〜」というお店に行きました。
「ちゃんや〜」公式 http://www.chanyaa.com/
     ぐるなび http://r.gnavi.co.jp/f315000/
ここは、やんばる島豚アグーと地元本部町の「もとぶ牛」を食べられるお店です。小さいお店で完全予約制なので、先にメニューを決めないといけなかったのですが、我々は「やんばる島豚アグーしゃぶしゃぶセット」を2人前頼みました。もとぶ牛にも魅かれたのですが、後日に石垣牛を食べに行こうと思っていたので、今回は豚にしました。(コースは2人前からなので、1人ずつ別のコースとかいうことができないのです)
ちゃんや〜入り口.jpg
お店は木のアーチに囲まれた超細い道を通っていくとあります。着くまでは本当にこれでいいのか不安になるくらいの道です。(夫も1回道を間違えました)
上の写真の入り口を入って更に奥に進むとお店があります。
ちゃんや〜お店の外観.jpg
ちゃんや〜店の中.jpg
民家を改装したオープンエアのお店です。夏は虫とかがちょっと心配かもしれません。
ちゃんや〜先付け.jpg
海ぶどうと島らっきょともずくです。海ぶどうは当日に水揚げしたものをいただけます。海ぶどうは他でも食べたのですが、ここのが一番美味しかったです。飲み物はアセロラジュースを頼んだのですが、これも本部町産ということでした。酸味がまろやかで飲みやすくとても美味しかったです。
ちゃんや〜あぐー豚しゃぶしゃぶ.jpg
しゃぶしゃぶのお肉、やんばる島豚アグーです。以下コピペ:
「琉球在来豚アグーの血を受け継ぐやんばる島豚アグーは、旨味成分であるグルタミン酸が他の豚と比べ2.5倍と非常に高く、コレステロールは4分の1と驚くほど低い。口の中に入れると、想像以上の軟らかさと、溶けてしまうような食感に感激するでしょう」
ということです。
ちゃんや〜本部町の紅塩.jpg
しゃぶしゃぶは、ポン酢もあったのですが、上の写真の紅塩をつけていただくのがお勧めということで、素直に従いました。これが、もう、本当に大正解。お肉の脂が本当に甘くて美味しいのですが、それがこのお塩で一層引き立つ感じです。また自家菜園で無農薬で栽培しているというパパイヤの炒め物もおいしかったです。娘は偏食真っ盛りで、全然これらのものを食べませんでした。大きくなって後悔しても知らんぞ〜。
#子供用のメニューは特にありませんが、豆椅子や子供用の取り皿とスプーンなどはありました。

最後は雑炊で〆て、デザートにパイナップルをいただき超満足して帰りました。お店の雰囲気もよく、田舎の親戚の家でくつろいでいるような感じでおいしい食事を楽しめました。美ら海水族館よりさらに北にあるので沖縄本島の中南部に宿泊だととても遠いのですが、水族館のついでに寄るならお勧めです。
今度はもとぶ牛に挑戦したいなあ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理